高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました。

2019年02月21日(木)

県内の若い人達に身近にある県産品の素晴らしさを実感してもらい、県産品の素晴らしさや美味しさをSNSで情報発信していただこうと、高校生が県産品を味わう「あさご藩・佐賀丼」食堂を、2月20日、21日の2日間限定でJR佐賀駅にオープンしました。


写真1:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

写真2:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

午前6時30分からのオープンでしたが、無料で一日100杯限定ということもあり、オープン前から長蛇の列ができるほど盛況でした。


写真3:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

佐賀牛のしぐれ煮、県産鶏ひき肉のキーマカレー、佐賀牛シシリアンなど多彩な15品の中から3品を選んでもらい、忙しい朝でもガッツリ食べられるオリジナル佐賀丼を堪能していただきました。


写真4:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

店内は高校生で溢れ、「佐賀の食材がたくさんあって美味しかった」「佐賀にこんなに数多くの食材があることを知った」など多くの声をいただきました。用意したフォトスポットからSNSに投稿していただいた方には、「佐賀県民 日本で一番 ノリがいい」などとプリントしたオリジナルTシャツをプレゼントしました。


写真5:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

写真6:高校生に県産品たっぷりのオリジナル佐賀丼を堪能していただきました

全国的には、佐賀牛、佐賀海苔が特に有名ですが、佐賀には優れた県産品がまだまだたくさんあります。ぜひ、ご家庭でもオリジナルの佐賀丼づくりにチャレンジしてみてください。

今回の「あさご藩・佐賀丼」食堂にはサガテレビさん、NHKさん、そして、


また、西日本新聞佐賀県版さんに掲載いただきました!

一覧に戻る