プロ部門 グランプリ作品

「温泉湯豆腐・・・粥」

嬉野温泉 ホテル光陽閣さん作

プロ部門 グランプリ作品

嬉野温泉名物といえば・・・温泉湯豆腐です。嬉野の温泉水で食べると、トロける美味しさなのですが、 新たに新しい食べ方を提案。湯豆腐を食べた後が楽しみになる一品です。

【温泉湯豆腐粥】

〈材料〉

好みで
温泉水1.5ℓ
温泉豆腐半丁
ごはん茶わん1杯
天然塩適量
太良町のバラ海苔好みで
肥前町のチリメン
ジャコを使った
チリメン山椒
好みで
呼子の塩クジラ
(塩抜きし、軽く焼いて
手で細かく裂いておく)
好みで
軸三つ葉好みで

〈作り方〉

  1. ①鍋に温泉水、温泉豆腐を入れ、温泉湯豆腐を楽しむ
  2. ②豆腐を食べてしまったあとのだし汁にごはんを入れ1~2分煮込む
  3. ③茶わんによそい、好みの具をトッピングする ※だし汁に少々の塩を入れて飲んでもおいしくいただけます

嬉野温泉 ホテル光陽閣

嬉野温泉 ホテル光陽閣

お茶といで湯の里として全国にその名を知られる嬉野は、周囲を緑の山々に囲まれた温泉郷で古くから宿場町として栄えました。 ホテル光陽閣はこのような伝統の中にも現代風の日本情緒を漂わせます。 自慢の展望風呂・露天風呂をはじめ、和洋折衷の客室など様式にこだわらない気軽さが心地よさを醸し出しています。 全室からの眺めは素晴らしく遠くに茶畑を一望できます。

住所:〒843-0301 嬉野市嬉野町大字下宿乙730-5
電話番号:0954-43-0170
公式ウェブサイト:http://www.koyokaku.com/

藩士の献立を見る

トップに戻る