一般部門 グランプリ作品

「昔からの保存食と冬野菜のコラボごはん」

松尾 久美子さん作

一般部門 グランプリ作品

アミ漬け、紅梅漬け、海苔、みかん、干し海老と鹿島で身近に食べられている保存食を活かし、日々過ごしています。 今回は、冬野菜を活用したメニューを考え、消化吸収が良く、作り置きができるものを考えました。

【福頭の炊き込みご飯】

〈材料〉

2合
福頭(里芋) 100g

A
大さじ2
薄口醤油大さじ1
みりん大さじ2
少々
薄口醤油大さじ1

黒ごま少々

〈作り方〉

  1. ①米は予め洗ってざるにあげておく
  2. ②福頭は皮を剥き、1㎝角位に切っておく
  3. ③炊飯器に米とA、水を加え(2合分まで)、福頭を乗せて炊き込む
  4. ④炊き上がったら、器によそい、黒ごまをトッピングする
  5. ※福頭はぬめりがないので、塩もみ等はしなくて良いです11月以降になると甘さが増してきます!

【干し真海老と蓮根団子の味噌汁】

〈材料〉

300ml
干し真海老4尾
白石れんこん50g
米粉大さじ2分の1
味噌大さじ2弱
ねぎ少々

〈作り方〉

  1. ①水300ml干し真海老を鍋に入れ弱火で煮だしておく
  2. ②蓮根はすりおろし水気を切り、米粉を混ぜ4個の団子にしておく
  3. ③鍋に蓮根団子を入れ、団子が浮いてきたら火を止め、味噌をとく
  4. ④お椀に、蓮根団子と干し真海老、汁を注いだら、葱の小口切りを添える
  5. ※干し真海老で、とても美味しい出汁がとれます!スープの出汁としてもバッチリ美味しいです

【鶏肉の鹿島みかん煮】

〈材料〉

鶏もも肉2分の1枚

A
みかん果汁50ml
25ml
醤油25ml
みりん25ml

みかんスライス2枚程度

〈作り方〉

  1. ①鶏肉はひと口大に切っておく
  2. ②鍋にAを入れ火にかけ、湧いて来たら鶏肉を入れ中火で煮込む
  3. ③肉に火が通り、汁が半分位に煮詰まったところでみかんのスライスを加え1分ほど煮てでき上がり
  4. ※鶏肉を開いてロールし、タコ糸で縛り、 フライパンに油少々引いて皮に焦げ目をつけてからAを加え煮込むのも良いです! 煮たみかんスライスと一緒に肉を食べると美味しいです

【大根と紅梅漬けのサラダ】

〈材料〉

(作りやすい分量で・・)
大根100g
かいわれ大根2分の1パック
紅梅漬け30g
紅梅漬けの漬け汁大さじ1
バラ干し海苔適量

〈作り方〉

  1. ①大根は皮をむいて細い千切りにし、かいわれ大根は半等分にしておく。紅梅漬けはみじん切りにしておく
  2. ②ボウルに大根、かいわれ大根、紅梅漬けを入れ、漬け汁を加えて和える
  3. ③器に盛り、バラ干し海苔を適量トッピングする
  4. ※漬け汁にオリーブオイル少々を加えても美味しいです

【白菜とアミ漬けのさっと煮】

〈材料〉

白菜150g
しめじ50g
アミ漬け小さじ2程度
砂糖少々

〈作り方〉

  1. ①しめじは1本ずつほぐしておく
  2. ②白菜は1㎝幅位に切っておく(繊維を切る方向で)
  3. ③フライパンに白菜としめじ、アミ漬けを入れ火にかけ、中火の弱火くらいで煮ていく
  4. ④白菜がしんなりしてきたら、砂糖少々を加え火を止める
  5. ※白菜の水分だけで煮えます。柚子胡椒をちょっと添えると香りが良く、さらにおいしいです。 アミ漬けはご飯のお供だけでなく調味料として使うと料理の旨みがアップします。ただ、アミ漬け の塩分が作る人により色々違うので予め塩分を知って使うと良いです(甘塩だったり、きつめだったり・・)
  6. ※しめじを佐賀県産の平茸、生椎茸、あるいは舞茸などにしても風味がまた変わって美味しいです

藩士の献立を見る

トップに戻る